Z会グループの様々な取り組み

未来の教室実証事業

株式会社Z会は、2018年に経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択されました。一人ひとりの生徒が課題解決に向けて学ぶ「探究学習」では、課題解決に必要な教科の知識をZ会が最適な形で示す、「知のナビゲーター」の有効性実証を目指しています。本実証は日本大学三島高等学校・中学校と連携しており、将来的な全国展開も視野に入れています。

iOSコンソーシアム

Z会グループ各社では、iPadを学習用端末として広く利用しています。OSやアプリの進化がもたらす価値を最大化すべく、Z会グループは「一般社団法人iOSコンソーシアム」に加盟しており、iPadを通じたより質の高い教育の在り方について、企業・学校・教育機関の先生が一緒になって考えています。

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育は、イタリア初の女性医師、マリア・モンテッソーリ(1870年-1952年)が考案した教育メソッドです。この教育法は100年以上もの間世界中に広まり、脳科学・発達科学をはじめ多くの分野でその効果が語られています。Z会グループの株式会社エー・アンド・アイでは、モンテッソーリ教育によって、「子どもが自分でできるように手伝う」ことで、子どもが本来持っている自らを教育する力を養い、自立・自律を促す教育を実践しています。

明治大学寄付講座

2017年4月に86歳でお亡くなりになった詩人・評論家の大岡信氏の偉大な業績と生き様を後世に語り継ぐために、明治大学公開講座「大岡 信のことばの力」に協賛しています。第1回(2018年11月17日開催)は、同氏の教え子でもある明治大学長 土屋恵一郎氏が登壇し、歌詩のほか、大岡信氏が愛した文芸全般にまで幅広く焦点をあてた講義が行われました。