Z会グループについて

Z会の前身である実力増進会は、1931年に東京淀橋(新宿)で創業しました。

創業者藤井豊は、旧制中学で英語を教えていた頃、生徒たちに熱心さが不足していることを感じていました。ところが、週に1、2回、模試を実施すると、生徒たちは熱心に辞書を引き(辞書の使用は許可されていました)、首をかしげながら真剣に取り組み、英語が苦手な人も次第に英語ができるようになることを実感したのです。

これがZ会の教育の原点、「百の聴講よりも一の実践」です。教育現場での経験が、後の通信添削事業の基礎となりました。以来、Z会では87年以上の長きに亘り、常に会員を第一に考える親身な教育指導をしています。

会員が “増進会” を “Z会” という愛称で呼んでいたことから、2006年より “Z会” を社名としています。現在では、教育に対する想いを同じくする様々な企業がグループの一員に加わり、総合教育グループに発展しました。Z会の原点である通信教育事業をはじめ、教室事業、法人事業、語学・留学事業、療育・就労支援事業、海外事業など、様々な事業を展開しています。

Z会グループは、これからも、お客様一人ひとりの未来への可能性をひらく教育サービスを提供してまいります。